トップページ > 営業支援事業 > ナビゲータープラス
ナビゲータープラス
Navigator plus 特徴
特徴
特徴
Navigator plus 概要
特徴
特徴
営業支援事業(営業代行、テレマ代行)の内情
収益構造の弱点
◆プロジェクト増加による負荷
・1プロジェクト毎に、1人以上の専任スタッフを設置(固定費の増加)
・プロジェクト増加に対する、マネジメント体制の強化(販管費の増加)
・プロジェクト増加における、ファシリティ、インフラの拡大(コストの増加)
営業体制の課題
◆プロジェクトの安定確保
・新規プロジェクトを継続して取り続ける(スタッフの安定稼働)
・リプレイスの難しさ(同業他社が参入している場合、リプレイスがしづらい)
プロジェクトの弱点
◆属人的なプロジェクト体制
・社内マネジメント体制が整備されていない(プロジェクトにより、短期消滅)
今まで依頼をしたクライアント(営業代行、テレマ代行)の声
メリット
◆固定費型請負(専属プレイヤー配置)のケース
・社内でのリソース不足の場合、人材を短期的に確保できる(固定費ではなく、変動費)
・テストセールス(仮説検証)を客観的視点で行える
・営業のプロが、営業活動をしてくれる
◆成果報酬型請負(アポイント獲得)のケース
・リスクがない(成果報酬)
・新規商談が増やせる
デメリット
◆固定費型請負(専属プレイヤー配置)のケース
・リスクが大きい(定量成果が出ない場合、保証はない)
◆成果報酬型請負(アポイント獲得)のケース
・商談機会の質が悪い(アポイントの数は多く獲得するが、訪問した時の質が悪い)
・営業経費の負担が大きい(自社で訪問する為、結論は成果報酬以外の経費負担をしている)
・アポイントの質が悪くても、15,000〜30,000円/件獲得の報酬を支払わなければならない
これからの営業支援サービスを改革する必要性がある
弊社メリット
自社固定費のコントロール
・今までのように1プロジェクト=1人ではなく、5〜10プロジェクト=1人で対応
※プロジェクトコストを1/5〜1/10に圧縮が実現
・プロジェクト業務以外でも、業務対応が可能(営業生産性の向上)
顧客満足度の向上
・質の高い(顧客ニーズ、顧客タイミング)案件を提供できる
・新規商談が増やせる
※BtoBだけではなく、BtoCの営業支援が可能(マーケットの拡大)
顧客メリット
顧最大限の費用対効果
・固定費がない
・質の高い案件を獲得できる
・客満足度が向上する(他社との差別化)
・Webコンサルティング、営業コンサルティングが同時に依頼ができる(一貫性)

営業代行 営業支援 ポテンシャルマネジメント:導入実績 営業代行 営業支援 ポテンシャルマネジメント:ナビゲータープラス 営業代行 営業支援 ポテンシャルマネジメント:ナビゲーター
このページの先頭へ